Last Updated on 2024年6月1日 by admin

東京でサポートしてくれる出張マッサージ
常連の東京出張マッサージ店の系列先が東京にあるという事で活用しました。スタッフの技術が行き届いていますし、同じ系列店舗でマッサージしてもらえる安心感というものがありました。料金やシステムは私が利用している店舗と変わらなく、120分12,000円で全身ボディケアコースを予約しました。普段は落ち着いた環境で出張マッサージを依頼しているのですが、西日本へ出向くのが久々だった事もあり、妙な緊張感がありました。おそらく慣れない土地で内面的に気を遣っていたのかなとも思います。そんな緊張に気付いたのか、到着したスタッフの方から「観光はしましたか?」「このお店はこの時間帯に行くのが良いですよ」といった世間話やちょっとした会話を挟んでもらえたので、私も地元にいるような安心感とまではいかないですが、余計な力やストレスがなくなったように思います。マッサージ中はふくらはぎや腰に若干の痛みがありましたが、すぐに収まり、むくみやハリがなくなったような感覚になりました。また普段から筋力トレーニングに励んでいるのですが、十分なケアが不足していて疲労が溜まっている状態が続いているとの話をスタッフの方がしてくれて、ストレッチの意識改善のきっかけを作ってくれた出来事でもありました。
120分12,000円で全身ボディケアコース

東京の貯水率について、現在の状況をお伝えします。

東京都の水源は、約8割が利根川水系及び荒川水系、約2割が多摩川水系となっています。このため、これらの河川流域にあるダムや貯水池の貯水量は東京の水供給に重要な役割を果たしています。

現在、関東地方整備局から提供されるデータによれば、利根川水系上流9ダムの有効容量は36,849万m³であり、そのうち23,427万m³が貯水されています。このため、貯水率は64%となっています。また、荒川貯水池の貯水量も0~1,600万m³であり、今回のデータでは具体的な貯水率は提供されていませんが、その一部が東京都への供給に活用されています。

なお、このデータは令和5年9月11日現在のものであり、変動する可能性があります。灌漑や上下水道などへの使用量や降雨量によって貯水量や貯水率は変化します。関東地方では梅雨や台風シーズンなどに降雨が多い時期に貯水量が増え、乾燥した季節には貯水量が減少する傾向があります。

東京都は、長期にわたって安定した水供給を確保するため、効果的なダム管理や水資源の有効活用に取り組んでいます。また、節水意識の向上や浄水場の整備なども行われています。

私たち市民も、日常生活での節水意識や水の大切さを理解し、効率的に使うことが求められています。例えば、蛇口を閉める際にしっかりと閉めることや、シャワーの時間を短くすることなどが小さな節水の取り組みです。これらの取り組みが積み重なることで、東京都の貯水率をより持続可能なレベルで保つことができます。

最後に、東京は人口密集地域でもありますので、将来的な都市開発や人口増加に伴いますます貯水管理への注意が必要です。地域全体で水資源への配慮や持続可能な水循環システムの構築を進めることが重要です。

トップに戻る